ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
コラム 記者ワープロ

観光案内アプリで 世界遺産「明治日本の産業革命」

(3/26)

本県や釜石市など8県11市が共同開発した無料ガイドアプリ。経路案内やクイズなどのコンテンツが盛り込まれている

クイズ、映像交え
釜石など構成自治体

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」の構成資産がある8県11市は、国内外の観光客向けにスマートフォンやタブレット端末で利用できる無料ガイドアプリを共同開発した。釜石市の橋野鉄鉱山など、日本が欧米以外で初めて近代的な工業国となったことを示す23資産を取り上げ、クイズや映像を交えて分かりやすく紹介している。

 同アプリは同遺産について気軽に学びながら周遊してもらおうと、8県11市で構成する「明治日本の産業革命遺産」世界遺産協議会(事務局・鹿児島県)が中心となり開発。産業化の歴史をショートムービーで紹介する「産業遺産ガイド」をはじめ、中国語や英語、韓国語といった多言語での資産解説、カーナビゲーションと連動して各資産やガイダンス施設の所在地まで案内する「経路案内」など、観光をサポートする多彩な機能が盛り込まれている。

 「クイズ産業遺産」と銘打ったゲームでは、釜石や佐賀、長崎など各地域の資産にまつわる4択クイズを出題。このうち現存する日本最古の洋式高炉跡がある橋野鉄鉱山については、「橋野高炉を成功させた大島高任の出身地は」など基本的な知識を問うものから、「大島高任のあだ名は」「鉄鉱石を砕くのに用いられた動力は何」といった難易度の高い問題まで幅広く出題される。正解数に応じた全国的なランキングが表示され、利用者同士で競い合いながら学習を楽しめる。

 全地球測位システム(GPS)と拡張現実(AR)を活用した「現地カメラ」の機能も搭載。資産がある場所でスマホやタブレット端末のカメラ機能を起動すると、解説動画が流れるほか、現地ならではの特殊なクイズが出題される。

 同アプリはインターネット上の「アップルストア」「グーグルプレイストア」からインストールできる。

 県教委では「釜石市をはじめとする明治日本の産業革命遺産に堅苦しいイメージを持たず、身近に感じていただきながら、現地に足を運ぶきっかけとしてもらいたい」としている。