ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
コラム 記者ワープロ

「震災津波アーカイブ」公開 防災や対応、6テーマで

(3/31)

県が公開している「いわて震災津波アーカイブ~希望~」

写真、新聞など資料20万点

 県は30日、東日本大震災の復旧・復興状況を後世に伝える資料をまとめた「いわて震災津波アーカイブ~希望~」を公開した。震災に関する写真や新聞記事などの資料約20万点を公開しているほか、各資料の検索も可能。震災の教訓を踏まえた伝承をはじめ、自治体や教育現場での防災活動、復興教育への活用を図る。

 震災からの復旧の状況を後世に残すとともに、教訓を今後の国内外の防災活動に生かす一方、防災・復興教育や震災学習などでの活用を目的に県が製作。県や市町村、関係機関などから震災関連資料の収集を進めてきた。

 県震災アーカイブシステム構築の有識者会議の意見に基づき、▽そなえ▽結いの力▽支援から絆へ▽配慮が必要な人へ▽前例なき対応▽ふるさといわて三陸―の6テーマごとに時間軸を設け、応急対応などが分かるようにした。各テーマからさらに被災の状況、防災知識・防災訓練、国内外からの支援、自主防災組織、見守り、災害対策本部、ふるさとの再編などのキーワードが設定されている。

 このうち被災の状況では「発災前」「発災」「発災直後」「1週間」「1カ月」などの時間を設定し、沿岸被災地の甚大な被害状況と復旧・復興、避難生活に関わる記録などの経過を写真や新聞記事で紹介。この他にも暮らし再建では災害公営住宅の建設やインフラ整備について2014年の三陸鉄道北リアス線全線開通の様子なども掲載されている。

 「ピックアップコンテンツ」では、児童生徒用の「震災津波から学ぼう」や「いわての復興教育・防災教育」など、防災・復興教育などの活用シーンに合わせたものも用意されている。

 このほか、県内の3新聞社の協力で、応急対策期の記事の検索が可能になっている。達増拓也知事は「六つのテーマを設定し、単なる保存機能にとどまらない情報発信機能を持つことが大きな特徴。自治体等における防災活動や教育現場など、さまざまな場面で活用してもらいたい」としている。

 アーカイブサイトのURLは次の通り。

http://iwate-archive.pref.iwate.jp/