ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

文化・スポーツ振興に本腰 県 事業推進本部を設置

(6/6)

県庁内文化スポーツ企画室入り口に看板を掲げる達増知事と上田部長(左)

 文化・スポーツ振興に関わる部局横断的な取り組みを戦略的に進めようと県は5日、県庁に「県文化・スポーツ事業推進本部」(本部長・達増拓也知事)を設置した。本番まで2年余りに迫ったラグビーワールドカップ(W杯)2019釜石開催、平泉の文化遺産の拡張登録に向けた取り組みなど文化・スポーツ事業を県の関係部局が一体となって推進、文化・スポーツの力を各分野に生かし地域活性化などにつなげる。

 第1回会議には、本部員の県幹部職員らが出席。達増知事は「文化・スポーツが有する多面性や広がり、人と人、地域をつなげる力、観光をはじめ産業の振興という経済的な力にもつなげるため文化・スポーツ事業推進本部を立ち上げる。本部員が緊密に連携して取り組みたい」と述べた。

 同本部は3月に策定した県文化・スポーツ振興戦略に基づく組織で、希望郷いわて国体・大会のレガシー(遺産)継承、県民の心を豊かにする文化芸術の振興、県民が元気になるスポーツの振興など文化・スポーツの推進全般を担当する。11年設置の県世界遺産等事業推進本部、14年設置の県2020東京オリンピック・パラリンピック推進本部の所掌事項を引き継ぎ両本部を発展的に解消するほか、ラグビーW杯釜石開催に関する事業の推進も担う。

 17年度は平泉世界遺産登録6周年記念講演会、中尊寺レクイエムコンサート、県民長寿体育祭、県民スポーツ・レクリエーション祭など県が関与する文化・スポーツイベントを年間を通じて開催。9~10月は「国体・大会1周年記念事業推進期間」、10月7~9日は「国体・大会1周年記念事業重点推進期間」と位置付け、国体・大会1周年記念大会などのイベントを計画している。

 同日はラグビー釜石開催実行委員会の専門部会についても協議。6~8月に広報・イベント、交通輸送・宿泊など四つの部会を設置し準備に取り組むことを確認した。

 県は今年度文化・スポーツに関する事務を知事部局に一元化し専門的な担当組織として文化スポーツ部を設置。併せて広域振興局の体制強化を図るため各振興局経営企画部に文化スポーツ振興の特命課長を配置した。

 県文化スポーツ部の上田幹也部長は同推進本部の設置について「社会的・経済的なパワーを引き出すためには各部局と連携して取り組む必要がある。本部設置を機に全庁を挙げて文化・スポーツの振興、地域活性化、ふるさと振興に取り組みたい」と意欲を語った。