ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

産学官連携の作品 一堂に アイーナ 岩大生が初の展示会

(6/19)

産学官連携の作品などを紹介している岩手大インダストリアルデザイン研究室の「角をとる展」

 岩手大のインダストリアルデザイン研究室の有志6人による「角をとる展」は、盛岡市のいわて県民情報交流センター(アイーナ)で開かれている。生活を楽しくするオリジナルのインテリアや、産学官連携による共同研究作品を一堂に展示し、来場者の目を引いている。21日まで。

 デザイン学や芸術工学を学ぶ6人が企画した初の展示会。床の模様にひと工夫を加えて靴をそろえやすくするデザインをはじめ、リンゴや洋ナシそっくりに造形した果物ジュース用の紙パック、溶けたバターのような見た目が特徴の壁掛け時計など、創意工夫を凝らした6点を並べている。

 県内企業や自治体とコラボレーションし、2004年から取り組んできた共同研究の成果も紹介。県内の市町村名があしらわれた岩手国体の炬(きょ)火(か)トーチ、久慈琥(こ)珀(はく)を取り入れた若者向けのアクセサリー、海外輸出用にアレンジした南部鉄器など11点を展示している。

 このうち、25日に盛岡市のさわや書店で発売される減塩しょうゆ「いわて健民」は、学生たちが書店に並べても違和感のないパッケージを考案。「食塩摂取を減らせる“決定版”」といった辞書風のラベルもユーモアにあふれている。

 開催時間は午前10時~午後8時(最終日は4時)。入場無料。同研究室修士2年の小岩真佳さん(23)は「デザインは技術よりも発想が重要。人を楽しませ、暮らしを楽にするという特徴がある。そういった面白さを知って身近に感じてほしい」と話している。