ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

もてなしの心、全身で 民舞踊協と専北専門学校

(9/15)
国体開会式のオープニングイベントでの「北上おでんせ」を練習する学生ら

国体開会式のオープニングイベントでの「北上おでんせ」を練習する学生ら

「北上おでんせ」合同練習

 【北上】希望郷いわて国体の総合開会式に出演する北上民舞踊協会(和賀八千代会長、会員170人)と専大北上福祉教育専門学校(髙橋等校長、学生146人)の学生は14日、北上市鍛冶町の同校で初めての合同練習に取り組んだ。オープニングイベントでおもてなしの心を表現しようと、「北上おでんせ」で息をそろえた。

 同校は2014年、創立50周年を記念して北上・みちのく芸能まつりの市民パレードに出演する際、同会から指導を受けた。この縁から同会は、今回のオープニングイベント出演に当たって同校に協力を打診。共演の運びとなった。同日は10月1日の本番を前にした数少ない練習の機会で全学生と会員40人らが参加し、配置や入退場の手順、踊りの要点を確認した。

 同協会は閉会式でも「日高見甚句」を披露する。和賀会長は「学生が出演するおかげで、私たちも元気をもらえて若返る。一生に1回の記念、思い出となるように頑張ってほしい」と指導に熱を込めた。

 同校は国体のほか、県から希望郷いわて大会での選手団サポートボランティアを受託。横断幕など都道府県用応援グッズの作製などのため、準備に追われている。青森県出身の赤田永里さん(保育科1年)は「国体が楽しみ。練習の機会は少ないが、観客席から近い配置なので本番はちゃんと踊りたい」と真剣に取り組んでいた。