ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

展示 6テーマで 分館は通史と自然、先人に光

(9/21)

北上市立博物館・あす新装オープン

リニューアルオープンする北上市立博物館本館。入口すぐの床には、市内の史跡、遺跡などの場所が一目で分かる地図が設けられた

リニューアルオープンする北上市立博物館本館。入口すぐの床には、市内の史跡、遺跡などの場所が一目で分かる地図が設けられた

 【北上】改修工事のため休館していた北上市立花の市立博物館は22日、リニューアルオープンする。併せて、市役所和賀庁舎内に新設した分館も開館。本館では国指定史跡の国見山廃寺跡をはじめ6つの歴史的特徴を紹介し、和賀分館では北上の通史と自然をテーマに展示する。

 市立博物館は1973年4月、本県内陸部初の総合博物館として開館。以後40年余り周辺地域の自然と文化を学ぶ施設として役割を果たしてきた。

新設された市立博物館和賀分館。自然分野では魚の標本などが展示され、子供でも親しめる内容になっている

新設された市立博物館和賀分館。自然分野では魚の標本などが展示され、子供でも親しめる内容になっている

 これまで蓄積した研究成果を市民や観光客らに分かりやすく伝えようと、市は老朽化した施設の大規模改修を兼ねて2014年度に工事に着手。和賀庁舎1階も活用し、本館、分館ともに今年8月まで工事を進めてきた。事業費は内装や空調設備の改修、展示替えで本館、分館合わせて約2億4000万円。

 20日、報道陣などを対象に本館、分館の内覧会を開催。本館では国見山廃寺跡のほか▽樺山遺跡、八天遺跡▽江釣子古墳群▽中世に北上を治めた和賀氏とその時代▽南部と伊達の藩境▽黒沢尻川岸-のテーマ別に展示していることを説明した。

 国見山廃寺跡はパネルやビデオ、復元模型図、仏像群、瓦など豊富な資料で平泉文化に先駆けて仏教文化が花開いていた歴史を紹介。このほか蕨(わらび)手刀や絵図など、当時の状況が分かる史料約200件、約300点が並んでいる。

 和賀分館では縄文時代から昭和までの北上の通史のほか、自然科学分野として北上市西部域に生息していた生物の標本、化石を公開。展示数は約2000点。北上出身の偉人50人の功績を記した先人コーナーも設けた。

 22日は午前9時から本館、11時から和賀分館で式典を開く。