ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

待望の新装オープン 北上市立博物館 和賀庁舎に分館

(9/23)
リニューアルオープンした北上市立博物館本館。初日から多くの市民らが訪れ、説明に聞き入った

リニューアルオープンした北上市立博物館本館。初日から多くの市民らが訪れ、説明に聞き入った

 北上市立花の市立博物館は22日、リニューアルオープンした。市役所和賀庁舎内に新設した和賀分館も同時開館。本館、分館でそれぞれセレモニーが行われ、待望のオープンを祝った。

 本館は、平泉文化に先駆け仏教文化の拠点とされる国指定史跡の国見山廃寺跡をはじめ、江釣子古墳群、南部と伊達の藩境など六つの歴史的特徴を史料約300点で紹介。和賀分館では旧石器時代からの北上の通史や市西部域に生息していた生物の標本、化石など約2500点を展示している。

 本館でのセレモニーで、髙橋敏彦市長は「訪れた皆さんに北上を分かってもらえる展示を考えてきた。ぜひ見ていただき、次なる北上の文化を考える機会になれば。国体を契機に多くの方に伝えたい」と語り、和賀分館では「小中学生にさまざまな自然歴史に触れてもらい、好きなことを探す空間にしてほしい」と願った。

 本館、分館とも髙橋市長、高橋穏至市議会議長、小原善則教育長がテープカット。本館では東陵中、分館では和賀西中の吹奏楽部がそれぞれ演奏し、花を添えた。

 ともに初日から多くの市民が来場。本館を訪れた原清陽さん(76)=同市黒沢尻3丁目=は「以前は見るだけだったが、物語のように見せる工夫がされている。自分も勉強したくなった」と目を輝かせ、和賀分館に来た髙橋郁子さん(70)=同市和賀町山口=は「化石や昆虫など、子供たちが喜びそうなものがいろいろあり楽しかった。またじっくり見に来たい」と笑顔で話した。