ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

日台の交流進展へ 教育旅行関係者 東北視察で高校訪問

(10/7)
視察後、歓迎のうちわを手に西和賀高生に別れを告げる台湾の教育旅行関係者訪問団

視察後、歓迎のうちわを手に西和賀高生に別れを告げる台湾の教育旅行関係者訪問団

 台湾の教育旅行関係者訪問団は6日、西和賀町の県立西和賀高校(瀬川ひとみ校長、生徒115人)を訪れ、授業の視察や歓迎行事を通じ生徒との交流を深めた。

 東北地方への外国人訪問客を増やそうと官民一体で取り組む「ビジット・ジャパン東北」事業で、台湾の生徒に修学旅行で本県を含む北東北を訪れてもらおうと企画。一行は4日に青森県入りし、十和田市の十和田湖や三本木農高などの観光地や教育施設を視察。6日に本県入りし、西和賀高を訪問した。

 一行は韓春樹団長をはじめ高校校長やコーディネーターら10人。バスから降りた訪問団を全校生徒が校舎入り口で旗とうちわを振って出迎え、歓迎の気持ちを表した。

 一行は授業の様子や音楽教室などを見学。教材や廊下に貼られた掲示板を写真に収めていた。

 体育館で交流会が開かれ、鈴木穣生徒会長(2年)が「ようこそおいでくださいました。台湾の高校生と交流できる機会があれば、自分の価値観や感性を磨くチャンスにして積極的に活動していきたいと思います」と歓迎のあいさつをした。

 これに対し韓代表は「台湾は国際交流に力を入れている。2004年に台湾から日本に来た生徒は1300人、40校だが、15年は9300人、260校となり、友好的な関係を築いている。心に残るほどの盛大な歓迎をありがとう。皆さんの健康と学校の繁栄を祈ります」と述べ、生徒らのおもてなしに感謝した。

 アトラクションでは、女子生徒がチアリーディングを披露したほか、男子生徒は上半身裸で応援演技の「エッサッサ」を力強く演じ、一行から大きな拍手が送られた。

 訪問団は同校を後にする際も全校生徒に見送られ、短い時間だったものの互いに交流を深め合った。一行は深澤晟雄資料館も見学し、秋田県へ向かった。