ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

夏油高原紅葉まつり 山頂付近色づく にぎわう露店、ステージ

(10/16)
見頃を迎えた夏油高原の紅葉。夏油高原スキー場ゴンドラ山頂駅付近の展望台から楽しむことができる

見頃を迎えた夏油高原の紅葉。夏油高原スキー場ゴンドラ山頂駅付近の展望台から楽しむことができる

 北上市和賀町岩崎新田の夏油高原スキー場で開催中の第18回夏油高原紅葉まつり(実行委主催)は15日、第2週目に入りさまざまな催しが行われた。紅葉は山頂付近で見頃を迎えつつあり、来場者はゴンドラ遊覧や展望台で眼下に広がる眺望を楽しんだ。

 まつりは8日に開幕したが、同スキー場によると今年の紅葉は例年より1週間ほど遅いという。ゴンドラに乗ると、山頂付近に上るにつれて徐々に色づいてきた紅葉を見ることができる。

 山頂駅付近にある展望台では青空の下、来場者が360度の大パノラマと赤や黄色などに彩られた紅葉を満喫。妻と訪れた同市和賀町横川目の小原哲美さん(83)は「天気が良くて最高。今年は家の周りでも紅葉は遅いが、ここでは下(麓)とは違っていい紅葉になった」と笑顔で語り、一関市花泉町の男性(37)は「見晴らしが良く楽しめた」と家族でじっくりと堪能していた。

 露店広場には11店舗が軒を連ね、夏油高原温泉郷旅館組合のおかみによるそば、岩崎地区自治振興協議会の新メニュー「岩崎だんご汁」などが売り出され、来場者はおいしそうに舌鼓を打っていた。

 ステージではラジオの公開生放送や地元の団体による踊り、民謡、鬼剣舞が披露され、にぎわいを見せていた。

 16日はすこっぷ三味線県大会、22、23の両日は県内外のクラフト作家らが出展し「夏油てしごと市」が開かれる。会場とJR北上駅を結ぶ無料シャトルバス、スキー場のゴンドラは3日間とも運行される。