ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

華麗、奇抜に“演奏” ホテル志戸平 県王者

(10/17)
団体の部で優勝したホテル志戸平。息の合った演奏とパフォーマンスで観客を沸かせた

団体の部で優勝したホテル志戸平。息の合った演奏とパフォーマンスで観客を沸かせた

スコップ三味線
個人は高木北羊さん(西和賀)

 【北上】第3回すこっぷ三味線県大会(実行委主催、岩手日日新聞社など後援)は16日、北上市和賀町の夏油高原スキー場で開かれた。出場者はユニークな演奏パフォーマンスを競い合い、個人の部は西和賀町湯本の高木北羊=本名髙橋福美=さん(76)、団体の部は花巻市の「湯の杜ホテル志戸平」が優勝。ともに12月4日、青森県五所川原市で開かれる第10回津軽すこっぷ三味線世界大会に出場する。

 スコップを三味線に見立て、栓抜きなどをばち代わりに音楽に合わせてたたくスコップ三味線。近年は愛好者も増えており、今大会には県内各地と宮城県から16人、6団体が出場。奇抜な衣装で登場したり、独特のパフォーマンスやばちさばきを披露したりして来場者の笑いを誘った。

 伊藤彬前北上市長らが審査員を務め、さおやばちの使い方や指使い、音楽と打音のマッチング、衣装や振り付け、観客の反応なども見た。

 ホテル志戸平は若手の13人が出場。「千本桜」の曲に合わせ息の合ったばちさばきを見せ、途中でソロ演奏をしたりはんてんを脱ぎ捨てたりするパフォーマンスで観客を沸かせた。

 4月に練習を始め、最近は業務終了後の夜10時から連日練習を重ねた成果を発揮。主将の渡辺歩さん(21)は「出来は最高。緊張はあったが、みんなで楽しく演奏できた。世界大会でも優勝できるよう頑張りたい」と喜びを語った。

 高木さんは「吉田兄弟の津軽じょんがら節」を弾き、高い技術が評価された。「緊張もあり6、7割の出来だっただけに、(優勝は)びっくりした。世界大会も同じ曲で挑戦したい」と意気込みを示した。

 会場には1500人以上が詰め掛け、出演者のパフォーマンスに拍手や声援を送った。菅野良和大会長は「観客も増え、盛り上がることができた。お客さんにも一日楽しんでもらえたのでは」と話していた。

 個人、団体の部の2、3位は次の通り。(敬称略)

 ◇個人②ひょんたな次郎(滝沢市)③村山ごん作(北上市)

 ◇団体②乙女会(一関市)③西窪組(奥州市)