ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

施設でプロの腕振るう 県内生活衛生業者

(10/18)
「岩手セイエイ百貨店」で高齢者にプロの技で奉仕する美容師ら

「岩手セイエイ百貨店」で高齢者にプロの技で奉仕する美容師ら

高齢者に理美容、飲食無償で

 【北上】県内の生活衛生業者が高齢者福祉施設に出向いてプロの技で奉仕する「岩手セイエイ百貨店」が、2016年度も始まった。初回の17日は北上市北鬼柳のサービス付き高齢者向け住宅「オラーエ日高見」を会場に、同市を中心とした業者が理容・美容や飲食などで楽しいひとときを提供した。

 東日本大震災で人口減少と高齢化が加速し、業界でも廃業などの影響が出たことを受け、県理容生活衛生同業組合(湊正美理事長)が14年度に始めた。生活衛生関係営業地域活性化連携事業として、各事業者が手業を生かして高齢者と触れ合い、業界のイメージ向上と活性化、社会貢献を目指す。

 同日は13人が出張開業。北上支部長の鈴木久明副理事長は「かっこよく、きれいに、気持ちよく―と盛りだくさんの内容。いつまでも元気で長生きし、サービスを利用してほしい」とあいさつした。

 幅広い業種が集まってのサービスは▽理容▽美容▽寿司▽中華料理▽社交飲食―と豊富で、関連施設の利用者も含めて約30人が体験。散髪やハンドマッサージ、ノンアルコールカクテルの試飲などを楽しんでいた。

 利用した渡邊直八さん(92)=同市北鬼柳=は「ここまでのサービスとは思っていなかった。飲み物がおいしくて特に良い」と喜んでいた。

 今年度は同市のほか久慈、宮古、盛岡各市の計8カ所で12月まで実施する。厚生労働省から約400万円の補助を受けているが、助成は今年度までの予定。施設側への実費程度の負担を検討しながら需要に応えていく。