ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

関連産業参入の参考に 北上 ILC誘致へ技術セミナー

(10/20)
ILC技術セミナーで聴講する参加者

ILC技術セミナーで聴講する参加者

 いわて加速器関連産業研究会など主催の2016年度第2回「ILC技術セミナー」は19日、北上市大通りのブランニュー北上で開かれた。専門家3人の講演を通じ、参加者が北上山地(北上高地)への国際リニアコライダー(ILC)誘致実現を見据え、加速器関連産業参入の参考とした。

 

 同研究会は加速器関連産業に関する産学官連携、県内企業の技術力向上と取引拡大を目的に15年6月設立。今年度は滝沢市で第1回セミナーを開き、今回は県内外

の電機電子、建築などの企業関係者ら約100人が聴講した。

 高エネルギー加速器研究機構(KEK)教授で県立大客員教授の早野仁司氏、KEK准教授の松本利広氏、東北大大学院理学研究科の石川明正助教が講演。超伝導加速空洞やILC検出器に必要な技術などについて伝えた。

 このうち、早野氏はILC加速器の概要やKEKで開発した各種機器などを説明。「加速器トンネル33キロのうち、22キロは超伝導加速空洞が整備される。光ファイバーで基準信号を伝送するが、30キロ離れた場所でも振幅を小さくする安定度が必要だ」と強調した。

 講演は専門的な内容で、参加者はILCの動向を踏まえ加速器関連産業への進出へ熱心に聴講していた。今年度3回目のセミナーは17年1月に一関市で開催する予定。