ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

災害から資料守れ 北上 県内学芸員らが研修会

(11/8)
研修会で水損資料の乾燥法を実践する参加者

研修会で水損資料の乾燥法を実践する参加者

 2016年度博物館学芸員等研修会(学芸員ネットワーク・いわて主催)は7日、北上市和賀町岩崎の市立鬼の館で開かれた。話題提供やワークショップ、グループ討論などを通じて博物館の現状や在り方に共通理解を深めた。

 県内の学芸員や博物館職員らで組織する同ネットワークが、職員の資質向上につなげようと企画。県内外から48人が参加した。

 話題提供では▽教員のための博物館の日▽市立博物館のリニューアル▽災害から資料を守る-台風10号被害と学芸員ネットワーク・いわての連携▽普及講演における双方向情報交流の試み-をテーマに発表した。

 このうち、「災害から資料を守る」をテーマに発表した遠野文化研究センターの前川さおりさんは、8月30日に襲来した台風10号による浸水で被害を受けた遠野市立博物館所蔵の貴重図書の救援に関する取り組みを報告した。

 前川さんがインターネット交流サイト(SNS)で同ネットワークや県外の博物館・研究機関などに被害状況を伝え、被災図書の救援を要請した結果、県内外の博物館や研究機関が復旧のために一部を引き受けてくれた事例を紹介した。

 ワークショップでは、前川さんが新聞紙やキッチンペーパーなどを使って水損資料を乾燥させるスクウェルチ法を指導。小岩井農場資料館の野沢裕美さんは、ワープロソフトを使った見出し文字の作製方法を解説した。

 同日は参加者が7組に分かれ、現状や課題について話し合うグループ討論も行った。同ネットワークの代表世話人も務める前川さんは「今回の研修会で出された意見や課題をみんなで語り合うことで、県内の博物館をより良い施設にしていきたい」と話した。