ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

黒沢尻東小、大健闘 全日本通信珠算競技

(11/17)

団体2部門で県優勝

 【北上】全国珠算教育連盟主催の全日本通信珠算競技大会で、北上市立黒沢尻東小学校の団体Aチームが小学校4年生以下の部と小学校5、6年の部で、ともに県優勝した。4年生以下の部は7連覇を飾り、5、6年生の部は3連覇を達成。いずれも学校近くの岳間沢珠算塾(平賀勇一塾長)中野町教室で腕を磨いてきた児童たちは、優勝の喜びを分かち合っている。

3、4年生の部で県7連覇を達成した黒沢尻東小。左から伊藤心桜さん、柴田君、伊藤楓真君

3、4年生の部で県7連覇を達成した黒沢尻東小。左から伊藤心桜さん、柴田君、伊藤楓真君

 大会は10月16日に全国一斉開催され、県内は北上を含む7会場で263人が参加。3人一組で各個人の掛け算、割り算、見取算、見取暗算の合計得点を競った。

 4年生以下の部には、柴田稜君(4年)と伊藤心桜さん(3年)、伊藤楓真君(3年)が出場した。個人の部で柴田君が優勝し、心桜さんが2位、楓真君が4位とそろって上位に入り、団体は2位以下を大きく引き離して優勝。前年まで連覇が続く中、3人は「みんな優勝しなければと思っていたが、緊張はしなかった」と口をそろえる。2位には同校Bチームが入った。

5、6年生の部で県3連覇を遂げた黒沢尻東小。左から千葉さん、柴田君、藤岡君

5、6年生の部で県3連覇を遂げた黒沢尻東小。左から千葉さん、柴田君、藤岡君

 個人の部でも2年連続優勝した柴田君は「団体、個人ともに狙い通り。調子はあまり良くなかったが、優勝できてほっとしている」と充実した表情。心桜さんは「出来はいま一つだったが、優勝できてうれしい」、楓真君も「まずまず力を出せた」と笑顔で話した。

 5、6年生の部は柴田駿吾君、藤岡寛人君、千葉結子さんの6年生3人で臨んだ。柴田君は、9月の東北珠算競技大会個人総合で優勝した実力を発揮。個人の部で、3年時から4連覇(4年生以下の部含む)を達成した。藤岡君が5位で続き、千葉さんも健闘を見せた。

 柴田君は「個人総合では去年より点数が下がり良くなかった」というものの、団体でもチームを牽引(けんいん)。「(この3人で)組むのは初めてだったが、いい結果を残せて良かった」とほっとした様子。藤岡君は「得意の割り算で、自分の力を発揮できた」、千葉さんも「楽しくできた。優勝できてうれしい」と喜びを口にした。

 中野町教室で指導する伊藤美紀子講師は「みんな休日も練習し、どんどん伸びた。目標にに向け、一生懸命に取り組んできた成果では」と目を細めていた。