ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

「B―1」で魅力発信へ 北上コロッケまるっとLab 出展前に市長表敬

(11/25)
B-1グランプリスペシャルに出展する北上コロッケまるっとLabのメンバー。右は髙橋市長

B-1グランプリスペシャルに出展する北上コロッケまるっとLabのメンバー。右は髙橋市長

 北上コロッケまるっとLab(神志保所長)は、12月3、4の両日、東京都の臨海副都心で開催されるB-1グランプリスペシャルに出展する。24日、メンバーが髙橋敏彦北上市長を表敬訪問し、北上の魅力アピールを誓った。

 今回は、昨年までのB-1グランプリとは違い市町村名などで出展。まるっとLabと北上コロッケ暖簾(のれん)会、市職員の20人ほどが上京し、2日間で1万6000個の北上コロッケを販売する。

 市町村PRブースでは、ふるさと納税や観光をアピール。待ち時間には北上の方言クイズや紙芝居を行い、二子いものこ音頭を踊るなど来場者を楽しませる。

 市役所にはまるっとLab事務局の岡島親吾さんとメンバーの和賀千穂さん、佐藤仁実さんが訪問。岡島さんは「サトイモ押しでPRし、首都で大々的に宣伝してくる」と意気込みを語り、髙橋市長は「ぜひ頑張って。シティプロモーションもよろしく」と期待した。

 今回は、過去10年間、地方都市で開催されたB-1グランプリのスペシャル大会。全国から56団体が参加し、県内からは北上と一関、久慈、岩手の4市町が出場する。来場者がグルメやまちのPRなど、総合的な印象で投票する仕組みで、岡島さんは「いかにまちを面白くPRできるかが重要。10位までの入賞を目標にしたい」と力を込めた。