ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

今シーズンの安全祈願 夏油高原スキー場

(11/26)

来月3日オープン予定

シーズンインを迎える夏油高原スキー場。無事故と大勢の入り込みを祈願した

シーズンインを迎える夏油高原スキー場。無事故と大勢の入り込みを祈願した

 夏油高原スキー場の安全祈願祭が25日、北上市和賀町岩崎新田の同スキー場で行われた。今シーズンは12月3日からの営業開始を予定。出席者は無事故と大勢のスキー客入り込みを祈った。

 同スキー場を運営する北日本リゾート(菅原三多英代表取締役社長)の関係者や市、市内など各界から約90人が出席。菅原社長、今野好孝市商工部長、高橋穏至市議会議長らが玉串をささげ、岩崎鬼剣舞が安全祈願奉納の演舞を披露した。

 菅原社長は「昨シーズンは記録的な暖冬少雪だったが、夏油の豊富な雪を求め九州など全国各地から足を運んでいただいた。海外からも約3000人来場し、まだまだ伸びしろがある。『夏油は宝だ。どんどん伸ばすべきだ』と議論が進むよう、一生懸命運営する」と決意を述べた。

 今シーズンは、昨シーズン新設した超上級者向けの「ツリーランコース」のエリアを倍に拡大。林間の滑走を堪能してもらう。ジャンプを楽しめるスノーパークも北上出身のトップスキーヤー近藤マコトさんらがプロデュースし、バージョンアップ。ドローンで空中撮影し、SNSで発信するという。

 入り込みは絶好調だった昨シーズンと同じ10万人が目標。台湾やオーストラリアからの予約が順調で、外国人客は1万人を視野に入れる。菅原社長は「今シーズンは『インバウンド元年』として、海外のお客さんをたくさん呼べるよう頑張りたい」と意欲を語った。

 25日現在、山頂付近の積雪は約30センチ。雪量は「まだまだ」という。同スキー場は降雪を期待しながら、シーズンインへ準備を進める。