ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

子育て環境、充実を 北上市基本構想等審

(11/26)
子育て環境充実などの要望が出された北上市基本構想等審議会

子育て環境充実などの要望が出された北上市基本構想等審議会

施策方針で意見交換
 北上市基本構想等審議会は25日、同市新穀町の市民交流プラザで開かれた。まち・ひと・しごと創生総合戦略(2015~19年度)の事業評価と検証、市総合計画の17~19年度施策の推進方針について意見交換。委員からは、定住人口確保へ子育て環境の充実などの要望が出された。

 16年度初会合で、委員25人のうち14人が出席。中村好雄会長(前北上商工会議所会頭)に代わる新会長に北上商工会議所の佐藤正昭会頭を選出した。

 総合戦略について、市は15年度に先行実施した12事業の評価結果を報告。地方創生に「非常に効果的だった」とするAランクは1事業のみだった一方、事業実施が16年度にずれ込むなど「効果がなかった」とするDランクは空き家バンク、北上地域ブランド推進、バスロケーションシステム導入の3事業あった。

 空き家バンクは実質的に今年度から運用が始まり、委員からは移住・定住につながる取り組みを求める声もあった。昨年度で終了した子育て応援施設整備費補助金は、内容を見直し再度継続を望む意見も出された。

 総合計画の17~19年度施策の推進方針について、市側は重点項目に子育て環境充実に向けた幼稚園の移転新築や認定こども園化、待機児童解消、老朽化している学校施設の整備を明記。通年観光への対応や公共交通の利用促進なども掲げた。

 委員からは「展勝地は桜の時期以外にも何かがほしい」「出生率アップには産後ケアの体制充実が必要。子育てサークルや放課後児童クラブの支援を」などの要望もあった。

 髙橋敏彦市長は「北上に住み、誇りを持ってもらえる施策が必要で、成果が出るのは5年後。総合戦略はこれを基本に、次の戦略を立てていきたい」と述べた。