ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

実践で課題確認 全国高校ラグビー 東北代表が強化試合

(11/27)
仙台高専名取キャンパスとの強化試合で攻め込む黒沢尻工のフィフティーン

仙台高専名取キャンパスとの強化試合で攻め込む黒沢尻工のフィフティーン

 【北上】12月27日に大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕する第96回全国高校ラグビーフットボール大会を前に実力を高めようと、東北地方の代表校による合同強化試合が26日、北上市相去町の北上総合運動公園で始まった。本県代表で出場する同市の黒沢尻工のほか、5校が切磋琢磨(せっさたくま)してレベルアップを図っている。27日まで。

 黒沢尻工が16年ぶりに全国大会出場を決めた2009年から、同公園を管理する市体育協会の協力で開催。今年は他に代表校として仙台育英、郡山北工、秋田工、山形中央と17年開催の第47回全国高等専門学校大会に出場する仙台高専名取キャンパスが参加。30分の試合を繰り広げている。

 黒沢尻工は初日、2チームに分かれて秋田工を除く各チームと対戦し、2勝2敗。八重樫春樹主将(3年)は「花園までにたくさんの試合経験があった方がよい。フォワードとバックスが連係した攻撃はできたが、まだ思い通りの守備ができていない。個々のタックルを修正したい」と闘志を燃やしていた。