ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
コラム 記者ワープロ

「花園」から吉報を 黒沢尻工高ラグビー部

(12/24)
全国高校ラグビーフットボール大会への出場を前に、激励を受ける黒沢尻工フィフティーン

全国高校ラグビーフットボール大会への出場を前に、激励を受ける黒沢尻工フィフティーン

エールに送られ出発

 【北上】第96回全国高校ラグビーフットボール大会(全国高体連など主催)に本県代表で出場する北上市の黒沢尻工の選手は23日、大会が開かれる大阪府に向けて出発した。現地入りに先立ってJR北上駅前で駅頭激励が行われ、関係者が実力発揮を願ってフィフティーンを送り出した。

 生徒や教諭、保護者、卒業生、同駅関係者ら約120人に迎えられ、選手が入場。東大阪市花園ラグビー場での決戦に向かう面々に、平田修副校長が「厳しい練習の成果と支えてくれた周囲への感謝を忘れず、悔いの残らないよう頑張ってほしい」、高橋馨同校体育後援会長が「花園でのプレーは生涯の宝になる。市民、県民に勇気を与える試合を」とそれぞれ激励した。

 生徒会長の久保勇登君(2年)が「力強いプレーで岩手、黒工の代表として頑張ってほしい」と述べたのに続き、応援団の音頭によるエールと校歌斉唱で元気づけた。

 八重樫春樹主将(3年)は「たくさんの人たちの支えで花園の地に立てる。感謝を忘れず力を出し切り、勝ちにこだわりたい」、高橋智也監督は「改めて期待の大きさを感じる。花園での戦いでもまだ伸びしろがあるチーム。寒い北上に吉報を届けたい」と応えた。

 黒沢尻工は27日の開会式に出席。28日午前10時から、同ラグビー場第3グラウンドで佐賀工との初戦に臨む。