ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年3月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
コラム 記者ワープロ

発展誓い「還暦」舞台 黒沢尻工高吹奏楽部

(12/26)
黒沢尻工高吹奏楽部の第60回定期演奏会。最後に現役部員とOB・OGらが一体で校歌を響かせた

黒沢尻工高吹奏楽部の第60回定期演奏会。最後に現役部員とOB・OGらが一体で校歌を響かせた

卒業生ら交え壮大に

 【北上】県立黒沢尻工業高校吹奏楽部の「第60回黒工定期演奏会」は25日、北上市文化交流センターさくらホールで開かれた。卒業生や近隣の高校生も出演し、演奏会として「還暦」のステージを飾った。

 3部構成で、第1部は同部員13人が「天の剣」など10曲を演奏。第2部は専大北上、黒沢尻北、西和賀の各高吹奏楽部、北上翔南高音楽部の生徒約120人と合同で「躍進」「翼をください」などを繰り広げた。

 第3部は20~50代のOB・OG36人がステージに立ち、「テイク・オフ」など3曲を披露。現役部員との「エル・クンバンチェロ」「宝島」では息の合った迫力あるサウンドを響かせた。最後は応援団や野球部と共に同校校歌で締めくくり、約350人の来場者から盛大な拍手が送られた。

 顧問の佐々木香織教諭は「近年は部員不足もあったが、地域の皆さんに支えられ60回目を迎えられた」と感謝。多田俊部長(3年)も「他の高校やOB・OGの方々と全員が一体となって演奏できて楽しかった。本当に感謝の一言。お客さんにも喜んでもらえたと思う」と、充実した表情を見せた。

 同部は1947年にハーモニカバンドの音楽部として創部し、今年で創部70年目。57年から定期演奏会を開催し、全国大会などでも数々の優秀な成績を納め本県吹奏楽界をリードしてきた。

 OBとして出演した小田島拓也さん(43)は「黒工サウンドは年代を超えても同じ方向で、代々つながっていると感じた」と強調。「今は部員が少ないなりに工夫してやっている。今後もつながり、発展するようバックアップしていきたい」と話していた。