ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年3月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
コラム 記者ワープロ

“地域資源”もご一緒に 「大根の一本漬け」発送中

(12/30)
オーナー制で注文された大根の一本漬けを発送するため、保冷用の雪をケースに詰めるスタッフ

オーナー制で注文された大根の一本漬けを発送するため、保冷用の雪をケースに詰めるスタッフ

 【西和賀】西和賀町の第三セクター・西和賀産業公社(代表取締役社長・細井洋行町長)は、「大根の一本漬け」の発送作業を進めている。保冷用として地域資源の“雪”をケースに敷き詰めるユニークな手法を取り入れ、冬の味覚を全国に届けている。

 一本漬けは、古くから伝わる製法で受け継がれてきた冬の味覚。減塩、薄味でパリパリとした食感が特徴。まとめて購入できるオーナー制で注文された商品は、毎年雪と一緒に発送されている。

 2016年シーズンの発送作業は同町上野々の加工場で19日にスタート。同公社のスタッフが、袋詰めした大根を注文本数通りに発泡スチロールのケースに入れた後、周辺に積もっている雪を詰めて発送。29日は50箱を全国に出荷した。

 同公社によると、認知度は年々高まっており、一緒に届けられる雪も特に暖かい地方では珍しさもあって好評を得ているという。

 今季は気温が低めの日が続いたため、昨季以上に均一な味の一本漬けがそろったという。廣瀬稔副部長は「今季も雪と一緒においしい一本漬けを楽しんでもらいたい」と期待を込める。

 オーナー制による注文は、来年2月上旬まで受け付ける。問い合わせは同公社(大みそか、元日は休み)=0197(82)2211=へ。