ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年5月
« 4月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
コラム 記者ワープロ

地域の安穏願い込め 小鳥崎で子供百万遍

(3/21)

子供百万遍で数珠を回して念仏を唱える子供たち

 【北上】春彼岸の中日の20日、北上市小鳥崎に伝わる供養行事・子供百万遍(ひゃくまんべん)が地区内の小鳥崎公民館で行われた。地元の小学生らが安らかな暮らしに願いを込め、大きな数珠を回し継ぎ念仏を唱えた。

 百万遍念仏ともいい、浄土宗から全国に広まった。小鳥崎では遅くとも100年前には行われ、かつては男児が各戸を供養して回ったという。1960年代ごろからは子供の数が減ったため、子供会と父母による地域行事として公民館で続けている。

 同日は黒沢尻東小児童で七ツ石子供会の16人をはじめ、地域住民約30人が参加。子供たちは、老人クラブかやの木会の小笠原勤会長(78)から行事の由来を聞いた後、数珠を囲んで車座になった。

 数珠は数メートルで、珠は煩悩を表すという。6年生がたたく音頭取りのかねにそろえて数珠を回し継ぎ、「南無阿弥陀仏」の声を合わせていた。

 市内では他に岩崎地区にも伝わるが、目にする機会が減った行事。小笠原大地君(6年)は「地区で天国に行った人のことを思い数珠を回した」、小笠原果子さん(同)は「昔から受け継がれてきた伝統を大切にしたい」と話していた。