ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
コラム 記者ワープロ

心技の成長、堂々と 北上新体操クラブ発表会

(3/27)

演技発表会で1年間の成長を披露する北上新体操クラブのメンバー

 北上新体操クラブ(神山いつか代表、会員58人)の第16回演技発表会は26日、北上市相去町の北上総合体育館で開かれた。競技生活を終える中高生を含む会員が、マット上で成長の証しを見せた。

 年1回の発表会で、同市と盛岡市の教室で学ぶ未就学児から高校生までの全員が出演。高度な技術の習得を目指す選手クラスをはじめ学年・教室別などに分かれ、個人や団体などでの演技を披露した。

 卒業演技では、及川花歌さん(上野中3年)が8年間、関川菫さん(黒沢尻北高3年)は13年間の集大成をともに堂々と発表。見守る保護者らから、大きな拍手を浴びた。

 関川さんは「ずっと新体操中心の生活だったが、引退に当たってますます好きになった。学ぶことの多い充実した日々を送ることができた」と笑顔でマットを降りた。

 発表会には県立北上翔南高校新体操部、岩手国体本県代表チームで同クラブ出身の小田嶋萌生さん(北上中―盛岡三高3年)が賛助出演した。

 同クラブは1998年発足。県内の中学、高校の新体操部に優秀な選手を輩出し、本県の技術向上に貢献している。神山代表はあいさつで「来年が20周年。心技両面の向上を目指し、フロアで成長する生徒たちの姿に喜びを感じている」と語った。