ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

「共に学び、育つ」実践へ 花巻清風支援学校 北上みなみ分教室開室

(4/7)

 県立花巻清風支援学校北上みなみ分教室の開室式は6日、北上市相去町の市立南小学校で行われた。式では出席者が待望の分教室開設の喜びを分かち合い、5人の児童生徒は今後の学校生活に期待を膨らませた。

 県教委は「より近い場所で学ばせたい」との保護者の思いと市の要望を受け、南小に小学部、近くの市立南中学校に中学部を開設。初年度は小学部が1、5年生1人ずつの計2人、中学部に1年生3人が通学し、教員は小学部、中学部に2人ずつ配置する。

 式には学校関係者や来賓、父母、児童生徒ら約60人が出席。同支援学校の福田隆彦校長は式辞で「多くの皆さんの力をいただき開室できた。地域の特別支援教育発信地として南小、南中と共に、魅力ある分教室に発展させようと、教職員一同思いを強くしている」と述べ、児童生徒には「小中学校の仲間たちとたくさん交流し、新しい教室で思い切り勉強に励んでほしい」と語り掛けた。

 高橋嘉行県教育長の告辞に続き、及川義明副市長は祝辞で「県教委の意思決定が非常に早く、他に例がない短期間で開設できた。共に学び、共に育つ、保護者の皆さんの意に沿う形になった」と謝意を示した。

 小、中学部の児童生徒らが分教室の看板を除幕。中学部1年の田頭優樹君が「明るく、強く、たくましく頑張ります」と誓い、出席者全員で校歌を斉唱した。

 同日午後は南中と共に中学部の入学式が行われ、7日は南小と合同で小学部の式を予定。今後も運動会、学習発表会などの学校行事を南小、南中と一緒に行い、共に学ぶ機会も設ける。

 分教室の施設は市が整備。南小、南中で改修工事を手掛け3月に完成した。