ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
コラム 記者ワープロ

さくらまつり10日開幕 展勝地 来場50万人目指す

(4/8)

 【北上】北上展勝地さくらまつりは、10日に北上市立花の市立公園展勝地で開幕する。5月7日までの28日間を予定。今年も盛りだくさんの催しで、県内外、海外から大勢の観光客が見込まれる。

 展勝地は日本さくらの名所100選で、みちのく三大桜名所として知られ、桜並木2キロに約500本の桜が鮮やかに咲き誇る。今年の開花は昨年よりやや遅い17、18日ごろとみられている。

 実行委では昨年と同様10日に午前10時から開催式を行い、15日から三橋漁親会が北上川両岸の渡し舟と観光遊覧船を有料運行する。

 15日からの土日と大型連休には北上鬼剣舞連合会の各団体が公演。23日は午後0時30分から、黒沢尻歌舞伎保存会によるさくら道中が行われる。

 桜並木では例年通り毎日、観光馬車が有料運行。桜の見頃に合わせ夜間ライトアップする。

 展勝地への無料シャトルバスは一部ルートを変更。江釣子古墳公園のほか、新たに江釣子ショッピングセンターパルと北上総合運動公園が発着点となる。午前9時~午後4時30分の約30分置きで、いずれも市役所を経由。15日から30日までの土日に走る。

 駐車場は、桜延命対策の協力金として普通車300円、バス2500円。期間中1回支払えば、その後は領収証提示でパスとなる。

 桜のピークは22、23日の土日とみられ、実行委はシャトルバスや公共交通機関、渡し舟での来場を促している。

 前年の期間中総来場者は41万6000人。2005年は60万1000人を記録しており、実行委は東日本大震災前水準の50万人を今年の目標としている。

 問い合わせは北上駅観光案内所=0197(64)5211=まで。

 北上展勝地さくらまつりの期間中、会場付近の北上市立博物館と市立利根山光人記念美術館、同市和賀町の市立鬼の館の各入場料が無料となる。

 利根山美術館では企画展「利根山光人-民話の世界-」が開催中。市立博物館は8日から「桜花満開刀剣満開曾田コレクション刀剣展」、鬼の館は15日から特別展「収蔵資料展~剣舞編」を予定している。市は「多くの皆さんに北上の文化、芸能を鑑賞してほしい」と呼び掛けている。

◆期間中の主要イベント
▽北上市民観桜会=19日午後3時みちのく民俗村演舞場前
 ▽写真プリント無料サービス=22日午前9時~午後3時、観光案内所付近
 ▽立花民俗芸能まつり=22日午前11時~午後2時、みちのく民俗村演舞場
 ▽太郎次郎一門・伝統芸能猿まわし=22日~5月7日、入り江前ステージ北側
 ▽黒沢尻歌舞伎さくら道中=23日午後0時30分~1時、桜並木
 ▽歌謡ショー&ギターライブ=23日正午~午後4時、特設ステージ
 ▽春爛漫みちのく民謡まつり=30日午後1~3時、特設ステージ
 ▽観桜茶会=5月3日午後1時みちのく民俗村旧小野寺家住宅
 ▽鬼剣舞群舞=5月3日午後1時桜並木