ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
コラム 記者ワープロ

開花 心待ちに 展勝地さくらまつり開幕

(4/11)

展勝地さくらまつり開催式。遊戯を披露する園児たち

 【北上】北上展勝地さくらまつりは10日、北上市立花の市立公園展勝地で開幕した。5月7日までの28日間を予定。初日は開催式が行われ、関係者がまつりの盛り上がりを期待した。

 式には主催者の市や北上観光コンベンション協会、北上商工会議所をはじめ関係機関、関係市町から50人余りが出席。髙橋敏彦市長が「皆さんと力を合わせ、1カ月近いさくらまつりを楽しんでいただけるようにしたい。今年も多くの方に訪れると期待している」とあいさつ。細川倫史県南広域振興局長、細井洋行西和賀町長、高橋穏至市議会議長が祝辞を寄せた。

 同協会の八重樫守民会長が開会を宣言し、髙橋市長や八重樫会長、北上商工会議所の佐藤正昭会頭らがテープカット。立花、川岸両保育園の年長組園児40人がアトラクションで遊戯を披露し、一斉に風船を飛ばしてオープニングを飾った。

 桜並木では初日から観光馬車が運行を始めた。花はまだつぼみで、開花は前年より3日ほど遅い17日ごろの見込み。

 期間中は15日から5月7日までの土、日曜日と祝日に1日3回(午前11時、正午、午後1時)の鬼剣舞公演を予定。15日から30日までの土、日曜日に会場と江釣子ショッピングセンターパル、江釣子古墳公園、北上総合運動公園を結ぶ無料シャトルバスを運行する。

 22、23日の土、日曜日に見頃を迎えるとみられ混雑が予想される。主催者は、できる限りシャトルバスや渡し舟の利用を呼び掛けている。

 前年の来場者は41万6000人。主催者は見頃の時期の夜桜ライトアップの充実、外国人旅行者の誘客強化などで来場者50万人を目指す。