ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
コラム 記者ワープロ

攻撃動作プロが実演 ビッグブルズバスケクリニック

(4/19)

バスケットクリニックで守備の突破を実演する上田HC(手前)

黒北高で上田HC

 【北上】男子プロバスケットボールBリーグ2部東地区の岩手ビッグブルズによるバスケットクリニックが18日、北上市常盤台の県立黒沢尻北高校で開かれた。上田康徳ヘッドコーチ(HC)が同校の男女バスケ部を直接指導。プロのテクニックを伝授した。

 22、23の両日にホームゲームが開かれる同市と市教委の協力で実施。計31人が学んだ。

 上田さんは元西宮ストークスHCなどコーチ経験が豊富。今回は攻撃を中心に指導し、動作の小さい各種パスや優位なフォーメーションを保つ動き、1対1での守備の抜き方などを練習した。

 上田さんは「守備が全てを教えてくれる」とし、相手を観察する重要性を強調した。このほか「世界ではモーションの小さいプレーが主流」「プロでもシュートに次いでパスのミスが多い。細かい部分も意識して」など、一流の目から見たポイントもアドバイス。部員は真剣な表情で耳を傾けていた。

 男子の千葉優吏主将(3年)は「プロは遠い世界と思っていたが、ちゃんと取り入れられる根本的な考え方を分かりやすく教えてくれた」、女子の波田野碧主将(3年)は「試合ではローポストにうまくパスできず悩んでいたが、教わったことを役立てたい」と参考になった様子だった。

 講習は、同リーグのオフシーズンに他の市内3校でも順次実施する。