ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年5月
« 4月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
コラム 記者ワープロ

迫力のごう音舞う水しぶき 湯田ダム放流

(4/23)

湯田ダムで行われたクレストゲートからの放流

 湯田ダムの放流イベント「錦秋湖スプリング放流inにしわが」は22日、西和賀町杉名畑の同ダムで開かれた。ごう音が鳴り響き、水しぶきが舞い上がる中、県内外から集まった多くの観光客やダム愛好者が、勢いよく水が流れ落ちる光景に見入った。

 計画規模を超える洪水時の放流で開門する非常用のクレストゲートの試験運転・点検を兼ねた融雪期の水位調整として実施。昨年に続き、国土交通省東北地方整備局北上川ダム統合管理事務所が町や西和賀産業公社、町観光協会などとの共催で企画した。

 放流開始を知らせるサイレンに続いて、六つあるゲートのうち、両端から真ん中へ順に2ゲートずつ開きだすと、最大で毎秒48トンの水が放流された。

 約80メートルの高さから一気に流れ落ちる様子は来場者を圧倒。見学場所まで届く水しぶきを浴びながら、普段はなかなか目にすることができない貴重な様子を写真や映像に収めていた。盛岡市の菅原正悦さん(70)は「音が大きく、水しぶきもあって迫力があった」と驚いていた。

 イベントは23日まで。時間は午前10時~午後3時。堤体見学会は午前11時、午後1時、2時の3回開催する。来場者にはダムカードが配布されるほか、カード提示で同公社が管理運営する観光施設での割引特典がある。

 同事務所湯田ダム管理支所の山内純一支所長は「年に一度しか見られないイベントなので、多くの人に足を運んでほしい」と話していた。