ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年5月
« 4月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
コラム 記者ワープロ

使うほど増す味わい 県内作家の木製家具展示販売

(5/10)

県内作家による椅子や木工芸品、アクセサリーなどを紹介している「いわてのクラフト家具展」

 【北上】県内の木工芸作家らによる「いわてのクラフト家具展」は、北上市本通りのさくら野百貨店北上店で開かれている。木製の椅子や人形などの作品を展示販売。来店客は木のぬくもりを感じながら作品に見入っている。14日まで。

 同展は2回目。今回は▽アトリエObras(奥州市)▽wood works crando(北上市)▽楢工房(雫石町)▽木工房さとう(奥州市)▽流工房(雫石町)▽おりつめ木工(同)▽山口家具(岩泉町)▽里工房(滝沢市)―が出品しているほか、東京納材(宮古市)が材料となる主に広葉樹の県産木材を展示している。

 会場には8個のベンチを合わせた木製ベッド、ゆったりとくつろげるロッキングチェアなど各作家が木の特性とオリジナリティーを生かし丁寧に作り上げた作品の数々が並ぶ。南部鉄や漆を施した蒔絵(まきえ)で表現したアクセサリーが今回初めてお目見えし、買い物客は鏡の前でペンダントなどを着けていた。

 おりつめ木工の和山忠吉代表は「木製品は使えば使うほど味わいが出てくる。県内のクラフト作家がさまざまな物を作っていることを知ってもらえれば」と来場を呼び掛けていた。会場では家具などの注文も受け付けている。

 開催時間は午前10時~午後8時(最終日は5時まで)。