ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年5月
« 4月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
コラム 記者ワープロ

笑顔広がる月1交流 常盤台お年寄りグループ・秋桜の会

(5/17)

演歌に合わせて踊りを楽しむ会員たち

茶飲み仲間と健康づくり

 【北上】北上市常盤台のお年寄りグループ「秋桜(コスモス)の会」は、月1回会員が公民館に集まりお茶飲みなどの交流を通じて健康づくりに取り組んでいる。「気心の知れた仲間同士で好きなことを楽しめるのが会の良さ」と言う会員たち。会場は毎回、メンバーの元気な笑い声に包まれている。

 同会は2014年10月1日に結成され、常盤台3~4丁目の60代から90歳までの14人が会員。毎月第3火曜日に地区内の北星公民館に集まりお茶飲み会などを開いている。

 老人クラブや社会福祉法人の触れ合い行事などへの参加で互いを知り合うきっかけに。顔を合わせる機会が増えると「近くに住んでいることもあり、気軽に集まれる場を設けよう」と、自然発生的に会ができたという。

 「明るく、楽しく、仲良く、元気に交流して身も心も健康に」が会のモットー。1回の会費は500円で、会員がスーパーへおやつを買いに行くなど、各自の自主的な行動が会の運営を支えている。公民館では雑談がメイン。歌や踊り、手芸のほか、花見会や芋の子会といった季節イベントもある。

 16日は13人が集まり、踊りで体を動かし、会話に花を咲かせた。丹野多摩江さん(90)は「こぢんまりとしていて、多く集まる行事より楽しみが増す」と会のぬくもりを強調。金子純子さん(83)も「たくさん笑って帰れるのがいい」と、毎回参加するのを楽しみにしている。

 1人暮らしの会員もいて、活動内容を思い出せるように「コスモス通信」を毎回発行。藤枝克也会長(79)は「目新しいことはしていないが、しがらみがなく好きなことをすることで伸び伸びと活動できる。月1回みんなと会えるのを楽しみに、毎日を元気に過ごしていきたい」と笑顔で語る。