ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

練習成果息合わせ チャレンジエアロビック

(6/5)

チーム発表キッズの部でインストラクター賞に輝いたDiamondsブルーチーム

 2017チャレンジエアロビックまつりin北上(北上市体育協会主催)は4日、同市相去町の北上総合体育館で開かれた。市内外からエアロビクスに励む各団体、愛好者ら約330人が集まり、チーム発表やレッスンなどで心地よい汗を流した。

 2003年度から毎年開催され、今回はチーム発表に北上をはじめ滝沢、釜石、花巻の各市、大槌町など県内各地から16団体が出場。キッズ、一般両部門で、老若男女が普段の練習の成果を発揮した。

 幼児たちはかわいらしい動きで駆け回り、高齢者のチームもはつらつとしたエアロビを見せた。小中学生や青年層のチームは、エネルギッシュで息の合った演技を披露。北上市のチアリーディングクラブDiamondsは年代別にチームを組み、アクロバチックな演技で会場を沸かせた。

 講師のインストラクター加藤伸幸さん(札幌市)が選ぶインストラクター賞には、キッズの部はDiamondsブルーチーム、一般の部は北上総合体育館のエアロビクス教室受講生らで構成する「Lucky,s」が「エネルギッシュで明るい笑顔」が決め手となり選ばれた。

 ブルーチームは高難度の組体操「エクステンションファン」などを決めるなど「動きが非常に丁寧」と評価された。山崎桃子さん(北上市立南小6年)は「ジャンプや(組体操の)スタンツもうまくできた。賞を取れて良かった」と満面の笑み。冨岡里帆さん(黒沢尻東小4年)は「楽しくできて大成功だった」と充実した表情で語った。

 一般参加者、愛好者も含め加藤さんによるレッスンが行われ、来場者はエクササイズで躍動。体をいっぱいに動かし、爽やかな汗を流していた。