ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

事故の衝撃 目の前で 黒沢尻北高交通安全教室

(6/8)

黒沢尻北高生徒の前で交通事故を再現するスタントマン

スタントマンが事例再現

 【北上】事故事例を再現し危険を伝える交通安全教室が7日、北上市常盤台の県立黒沢尻北高校(菊池浩校長、生徒710人)で開かれた。スタントマンが衝突や転倒の場面を実演し、生徒に交通ルールを守る大切さを伝えた。

 県警交通企画課が主催、JA共済連県本部が共催し2012年度から実施。同校は2年連続で北上署などから自転車の安全利用モデル校に指定されており、17年度の教室の皮切りとなった。

 全校生徒がシャドウ・スタントプロダクション(東京都町田市)による事故の再現を見学。

 生徒に身近な自転車の事故では、見通しの悪い交差点での車との出合い頭の衝突や、車の陰で見えない歩行者やベビーカーとぶつかる事例が取り上げられた。自動車との衝突は時速40キロ未満でもフロントガラスにひびが入るほどの衝撃で、目の前で起こるリアルな事故の状況に生徒は驚きの声を上げていた。

 横断・通行の例では生徒の代表も参加。加害・被害者にならないための正しい通行に理解を深めた。加納伊吹基君(3年)は「自分の身に起きたらと思うととても怖かった。自転車では左右や後方の安全確認を教わってきたが、おろそかになる部分もあるのでしっかりしたい」と気を引き締めていた。

 教室は9日の奥州市立水沢南中学校など、県内3校でも開かれる。