ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

水沢 墓前で平和への誓い 春子夫人没後45年

(9/15)

mizu_bozen 【奥州】第30代内閣総理大臣斎藤實の夫人・春子さん(1873~1971年)の墓前祭が命日の14日、奥州市水沢区真城の小山崎墓地で営まれた=写真=。没後45年を迎えた今回は斎藤實顕彰会員や市関係者、一般市民ら約30人が参列。偉大な政治家を支え、世界平和を祈り続けた夫人に思いを巡らせた。

 同顕彰会(吉田英男会長)の主催で開催。開会に当たり、斎藤の生誕150周年を記念して作られた顕彰歌「偉大なる面影」を、同市の女声合唱団「椿の会」の先導で斉唱した。

 あいさつした吉田会長は「春子さんは閣下亡き後、吉小路に疎開し市民の皆さんと親しく過ごされた。何としても世の中が平和でなければならないと考えていたはずだ」と感慨深げに語った。

 小沢昌記市長と田面木茂樹教育長が祝辞。参列者は春子さんの墓前に線香を手向け、静かに手を合わせた。http://www.iwanichi.co.jp/wordpress/wp-admin/post-new.php#edit_timestamp

 春子さんは東京都出身で、20歳で斎藤と結婚。1936年の二・二六事件で凶弾に倒れた夫を身をもってかばい、両手と背中を負傷した。45年には戦局の悪化により水沢に疎開。戦後は水沢の邸宅で26年間生活し、98歳で天寿を全うした。