ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

関西の売り手が稲刈り 奥州

(9/27)

mizu_kansai 【奥州】関西圏の米販売業者らの稲刈り体験は24日、奥州市胆沢区南都田で行われた=写真=。参加者が黄金色に実ったひとめぼれの稲穂を手刈りし、産地ならではの収穫の喜びを味わった。

 岩手ふるさと農協産米を取り扱う米卸業者ライスフレンド(本社大阪市)が同農協と共同で実施して19年目。取引先の百貨店やスーパー、食材卸など7法人の仕入れ販売担当者ら20人など一行24人が訪れた。

 5月下旬に田植え体験した石川千早さん方の水田10アールで、指導する農協関係者らも合わせ約40人で作業。鎌で刈り取った稲を束ね、天日干しするためホニオに掛け、バインダー刈りも体験した。

 京都市の百貨店で米とパンの販売を担当する大伴真也さん(51)は「春に自分が苗を植えたので、刈り取る手に力が入る。最近は米の販売がパンに押され気味で、米産地の良さを伝えたい」と話し、作業に汗を流した。

 同社の奥本光則専務取締役は「この前の台風被害を心配したが、順調に育ち良かった。岩手産ひとめぼれは品質が安定し、100%使用の日本酒も発売されるなど幅広い需要がある」と語っていた。