ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

茶文化プロジェクトPR 南部鉄器まつり 4市逸品セット展示へ

(10/8)
奥州、仙北、掛川、多治見4市による茶文化プロジェクトのセレクト商品

奥州、仙北、掛川、多治見4市による茶文化プロジェクトのセレクト商品

 8、9の両日開かれる第37回奥州市南部鉄器まつりで、同市は全国3市と取り組む「最高の技茶文化プロジェクト」で生まれた南部鉄瓶などのセット商品を展示し、来場者に事業と商品をアピールする。

 茶文化プロジェクトは、同市と姉妹都市の静岡県掛川市、秋田県仙北市、岐阜県多治見市がそれぞれの伝統工芸品の販路拡大と茶文化継承を目指し、4市協働の取り組みとして2013年2月に始動した。

 今年5月には、食環境プロデューサーとして日本各地の伝統的工芸品産業に関わる活動をしている木村ふみさん(エデュウス代表取締役)が選定した商品を組み合わせ、セレクト商品として発売。奥州の「南部鉄瓶」(容量1200ミリリットル)、掛川の「深蒸し掛川茶」(茶葉30グラム入り3缶)、仙北の「樺(かば)細工トレー」(22センチ×11センチの2枚)、多治見の「美濃焼茶器」(急須・湯冷まし・茶わん・茶托各2組)をセットにした。

 奥州市商業観光課の担当者は「4市の逸品を結集させた商品。祭りを通して茶文化の取り組みをPRしていきたい」と話している。

 セレクト商品は童謡「茶摘」の歌詞にちなんで88セット限定で、価格は1セット7万4000円(税込み)。それぞれ別々に購入するよりも割安という。購入の申し込みは4市の担当課で受け付けている。

 奥州市の問い合わせ先は同課=0197(24)2111=。