ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

暴力に負けぬ勇気を 胆江地区 地域安全実現へ大会

(10/15)
大会の席上、県地域安全運動ポスター・標語コンクールの表彰伝達を受ける小野寺さん(中央)と小丸さん

大会の席上、県地域安全運動ポスター・標語コンクールの表彰伝達を受ける小野寺さん(中央)と小丸さん

 地域安全・暴力団追放胆江地区民大会は13日、奥州市水沢区の市文化会館(Zホール)で開かれた。同市と金ケ崎町の防犯関係者約430人が参加。情勢報告や中学生による主張の発表などを通して「暴力に負けぬ勇気でつくるまち」の実現に意識を高めた。

 暴力団追放胆江地区民会議と両市町、水沢、江刺両警察署などが主催して毎年開催している。

 同会議副会長の髙橋由一町長が「行政の大きな課題は地域の安心・安全をどうつくり、守るかだ。胆江地区民の総力を挙げ、自分たちの地域は自分たちで守る決意を再度確認してほしい」とあいさつ。佐藤修孝市議会議長が祝辞を述べた。

 工藤実水沢署長が全国、県内とも減少傾向にある刑法犯認知件数が両署管内では増え、高齢者の特殊詐欺被害や空き巣被害が目立つこと、暴力団員は減少しているが全国的な抗争激化により予断を許さない情勢にあることなどを報告。

 県地域安全運動ポスター・標語コンクールのポスターで振り込め詐欺被害防止の部最優秀賞の小野寺萌桃さん(金ケ崎小5年)、子どもと女性の犯罪被害防止の部最優秀賞の小丸美涼さん(同)に表彰状を伝達した。

 小山地区防犯協会母の会の鈴木サキ副会長が「暴力団追放三ない運動+1(プラスワン)」の継続実践などを誓う大会宣言を読み上げて満場の拍手で採択。「わたしの主張」の水沢・江刺両地区大会代表の吉田麗良さん(前沢中3年)、千田彩加さん(江刺一中3年)の2人が発表した。

 アトラクションでは、県警音楽隊がカラーガードフラッグのパフォーマンスを交えた華麗な演奏を披露した。

 他のポスターコンクール入選者は次の通り。(敬称略)

 ◇振り込め詐欺被害防止▽優秀賞=及川あかね(金ケ崎小5年)

 ◇住宅を対象とした侵入犯罪防止▽優秀賞=後藤瀬南(金ケ崎小5年)▽佳作=大山智行(同)小野寺希生(同)