ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

人命救助で連携 消防本部 北上の男性など表彰

(10/21)
消防業務一般協力者表彰を受けた昆さん(右)とホテルみどりの郷の小野寺サービス部長

消防業務一般協力者表彰を受けた昆さん(右)とホテルみどりの郷の小野寺サービス部長

 【奥州】人命救助に功績があったとして、奥州金ケ崎行政事務組合消防本部(阿部保之消防長)は20日、北上市黒沢尻1丁目のケアマネジャー昆敏将さん(39)と、金ケ崎町永栄のホテルみどりの郷に消防業務一般協力者表彰を贈った。

 同本部によると、9月10日午後1時25分ごろ、同ホテルで会食中だった80代男性が餅を喉に詰まらせて意識を失った。居合わせた昆さんが男性の異変に気付き、背中をたたくなどの異物除去法を実践。同時に同ホテルの小野寺卓巳サービス部長(57)がフロントまで走り、担当者に119番通報を依頼した。

 昆さんは男性への気道確保に努め、小野寺部長も背部叩打(こうだ)法を続けた。迅速かつ適切な行動によって男性は意識を取り戻し、救急隊に引き継がれた後には会話ができるまでに回復。搬送された病院でも異常は認められず、その日のうちに帰宅した。

 表彰式は奥州市水沢区大鐘町2丁目の同本部で行われ、阿部消防長が2人に表彰状と記念の楯を手渡した。阿部消防長は「皆さんの勇気ある行動が男性の救護、救命につながった。今後とも住民の安心・安全の確保に協力いただきたい」と感謝した。

 緊迫した状況に「やるしかない」との使命感で救命活動を実践した2人。老人保健施設で働く昆さんは「とっさのことだったが、助かったのでオーケーです」と語り、小野寺部長は「考えるのと実際にやるのとは全然違う。無事で良かった」と話していた。