ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

鍋、パスタ、丼 食べ比べ 金ケ崎オーワングランプリ

(10/23)
「おわん」で提供された各店自慢のメニューを来場者が味わった金ケ崎オーワングランプリ

「おわん」で提供された各店自慢のメニューを来場者が味わった金ケ崎オーワングランプリ

 第5回金ケ崎オーワングランプリは22日、金ケ崎町西根の金ケ崎駅前イベント広場で開かれた。県内21店が鍋物や丼物、パスタ、ラーメンなど自慢の26メニューを統一サイズの「おわん」で提供。来場者が食べ比べを楽しんだ。

 開会セレモニーでは実行委員長の高杉郁也町観光協会長が「たくさん食べておいしい一日を過ごしてほしい」とあいさつ。家族連れやカップル、高齢者ら町内外から多くの人が足を運び、メニューが盛られたわんを次々と平らげた。家族6人で北上市から訪れた須藤蓮君(黒沢尻東小学校2年)は4種類を味わい、「南部からあげがおいしい」と笑顔で語っていた。

 来場者は食べ終わったわんと投票券を交換し、気に入ったメニューに投票。富む富む(奥州市水沢区)の「焼きチーズカレー」がグランプリ5連覇を果たした。

 同グランプリは同駅前や商店街活性化の取り組みとして、町観光協会が主催、町などの後援で開催した。2位以下の結果は次の通り。

 ②ワタリカニのトマトクリームスープパスタ(サバービア、金ケ崎町)③黄色いカレーライス(髙砂食堂、同)④ひれかつ丼(レストラン コレット、同)⑤金札めんの汁なし担々(クラシコ カフェ、奥州市江刺区)

初のイベント参加でいわいずみ炭鉱ホルモン鍋の魅力を発信した発掘隊メンバー

初のイベント参加でいわいずみ炭鉱ホルモン鍋の魅力を発信した発掘隊メンバー

岩泉の味、復興の力にホルモン鍋発掘隊

 岩泉町のいわいずみ炭鉱ホルモン鍋発掘隊(畠山昌典隊長)は22日、金ケ崎町で開かれた金ケ崎オーワングランプリに出店した。7月の結成以降、イベント参加は今回が初めて。かつて岩泉町内にあった炭鉱の労働者に愛された味を発信するとともに、台風10号で甚大な被害を受けた同町の復興に向け心意気を示した。

 同鍋は豚ホルモンと鶏肉、キャベツ、豆腐、ネギをしょうゆベースのスープで煮込み、あっさりした食べやすさが魅力。町内では17店舗で提供しており、同鍋をPRし、まちおこしにつなげようと飲食店や地元商工会、町民有志などが今年発掘隊を立ち上げた。

 9月に町内での大規模イベントで初参戦を果たす予定だったが、台風被害の影響で中止に。その後、同グランプリ主催者側から出店打診を受けた。台風で被災したメンバーもいたが、畠山隊長(45)は「こういう機会に鍋のおいしさをアピールしたい。全国から支援を頂いたお礼もできれば」と参加を決めた。

 メンバー6人が会場を訪れ、大鍋で煮込んだホルモン鍋を販売。ホルモンと野菜の豊かな味わいにお代わりする人の姿もあり、畠山隊長は「たくさんの人に来てもらい、反応もいい感じ」と手応えを感じた様子だった。

 売り上げは全額、同町の復興支援金に充てる。