ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

希望郷の実りずしり 水沢 田んぼアート刈り取る

(10/24)
いわて国体馬術競技の選手をデザインした田んぼアートの稲を刈る参加者

いわて国体馬術競技の選手をデザインした田んぼアートの稲を刈る参加者

 【奥州】奥州市水沢区佐倉河地内で23日、田んぼアートの稲刈り作業が行われ、地域住民ら約150人が役目を終えた稲への感謝を込め丁寧に刈り取った。希望郷いわて国体にちなんだ図案などを採用した今年のアート。全国から訪れた大会関係者の目にも触れ、実行委員会の森岡誠会長は「多方面からの認知度も高まり、われわれの歓迎の意思が通じた」と喜びを口にした。

 同市での田んぼアートの取り組みは、2008年に始まり9回目。実行委が企画・運営を担い、地元の郷土芸能のPRや、時事ネタを加味した図案を採用するなどし、年々注目を集めている。

 今年のデザインは、いわて国体を応援する意味を込め、市内開催の馬術、弓道両競技の選手とアニメキャラクターがそれぞれ描かれた。稲刈りには実行委関係者のほか地元の子供らも参加し、協力しながらずっしりと実った稲を手際よく刈り取った。

 水田近くにある物見やぐらには、来場者がコメントできるノートが備え付けてあり、国体期間中に観賞した全国の選手や関係者らも「感動した」「ファンになりました」などのメッセージを寄せた。

 森岡会長は「全国の皆さんに喜ばれたようで、本当にうれしい」と語り、17年以降の取り組みについては「10年の節目を迎えるので、さらに飛躍できるようにしたい」と意欲を語っていた。