ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

見事、全問正解 新平小検定 胆沢一小児童に認定証

(10/27)

 後藤新平記念館(髙橋力館長)と後藤新平顕彰会(山口了紀会長)による2016年度「新平小検定」の合格者が発表された。奥州市内の9小学校の221人が受検し、全問正解した69人が合格した。26日は6年生4人が合格した同市胆沢区小山の胆沢第一小学校(安倍初雄校長、児童361人)に髙橋館長が訪れ、児童に認定証を授与した。

 同校校長室で行われた認定証の授与には、五嶋璃胡さん、髙橋匠君、五十嵐心桜さん、石母田蓮さんの4人全員が出席。髙橋館長が「新平はたくさんの仕事をした人だからいろんな設問になった。皆さんは来年開校する胆沢中学校の第1期生になるのでいろんなことに興味を持って勉強してほしい」と一人ひとりに認定証と副賞のキーホルダーを手渡した。

 出題された問題は新平が医師時代に手当てをした政治家(正解は自由民権運動中の板垣退助)、医学を勉強するために留学した国(ドイツ)、大正8年から亡くなるまで学長を務めた大学名(拓殖大)など10問で構成。石母田さんは「自治三訣(さんけつ)の内容を全て答えるのが難しかったけど当たって良かった」と笑顔を見せた。

 検定は郷土が生んだ偉人の功績を振り返り、関心を深めてもらおうと市内の小学5、6年生を対象に実施。5回目の今年度は、児童が夏休みなどを利用して同市水沢区の同館に足を運んで解答した。今回の正答率は31・2%だった。