ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

六原駅前再開発目指す 金ケ崎 自治会、企業が推進協

(11/2)
六原駅前再開発に向け、瘤木自治会や周辺地域・企業などで組織された推進協議会の設立総会

六原駅前再開発に向け、瘤木自治会や周辺地域・企業などで組織された推進協議会の設立総会

 JR六原駅前の整備、振興などを目指し、金ケ崎町三カ尻の瘤木自治会や周辺地域の関係団体・企業などで組織する六原駅前再開発推進協議会が1日、設立した。設立総会では駅前に駐車場や大型バスの転回が可能なロータリーを設ける再開発計画案を示し、会長に同自治会の田口幸満会長(67)を選出した。今後、計画実現に向けて町などへの要望活動を行う。

 同自治会によると、同駅は住民の通勤・通学や駅周辺企業への通勤者、金ケ崎高校の通学利用者などで1日平均200人程度の乗降客があるという。周辺に駐車場がないなどの現状に地区内で以前から駅前再開発を望む声があり、自治会は地元の考え方をまとめるため6月に検討委員会を立ち上げて協議を重ね、9月に開発促進協議会に移行し、企業や周辺自治会に推進組織への参加、協力を呼び掛けてきた。

 瘤木公民館で開かれた設立総会で計画案を公表。同駅南西側周辺の約1万平方メートルを対象面積とし、企業側からの要望を受けて大型バスが乗り入れできる直径40メートルのロータリーを設けるほか、南側に50台程度の駐車場を整備するとの提案内容を示した。

 推進協では今月中旬ごろ、町に対し事業実施の要望、町議会に請願を行うほか、JRなど関係機関への要望を予定している。田口会長は「地域住民の要望でもあり、町と一緒にやっていかなければならない。実現に向け頑張る」と語った。