ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

奥州市が5年連続V 岩日杯県南地区対抗ボウリング

(11/7)
市対抗を制し、高橋会長(左)から岩手日日新聞社杯を受ける奥州市の近藤選手(中央)と及川選手

市対抗を制し、高橋会長(左)から岩手日日新聞社杯を受ける奥州市の近藤選手(中央)と及川選手

日ごろの練習成果競う

 【奥州】第25回岩手日日新聞社杯争奪県南地区対抗ボウリング選手権大会は6日、奥州市水沢区のボウリングクオリアで開かれた。北上、一関、奥州、釜石、大船渡、陸前高田の6市から71人が出場。力のこもった一投を放ち、日ごろの練習成果を競った。岩手日日新聞社杯を懸けた市対抗では、奥州市が5年連続10度目の優勝を飾った。

 大会運営委員会(高橋宗康会長)が主催し、岩手日日新聞社が共催。個人戦が3ゲーム、2人一組のチーム戦は6ゲーム(1人3ゲーム)の総合得点で順位を決定。また、個人総合には両部門の6ゲーム合計成績の上位18選手が進出してさらに3ゲームを行い、9ゲームの総得点を競った。

 市対抗は3部門の順位ごとに与えられるポイントの合計で争われ、奥州市は34ポイントで2位の一関市を1ポイント差で振り切った。表彰式では高橋会長から奥州市代表の及川省三選手に賞状、近藤純一選手に岩手日日新聞社杯が手渡されたほか、各部門の入賞者が表彰された。

 結果は次の通り。(敬称略)

 ▽個人総合①小野寺亮太(北上)1999点②佐藤信也(奥州)③佐々木健三(一関)④菊池英明(奥州)⑤千田祐太(同)⑥小林敏男(同)▽個人戦①佐々木健三(一関)666点②伊藤誠(同)③菊池英明(奥州)▽チーム戦①小野寺亮太・伊藤博志(北上E)1377点②佐藤信也・近藤純一(奥州H)③菅原里江・伊藤誠(一関E)

 ▽個人ハイゲーム=小野寺誠之(一関)279点▽同ハイシリーズ=小野寺亮太(北上)709点▽チーム戦ハイゲーム=小野寺亮太・伊藤博志(北上E)佐藤信也・近藤純一(奥州H)469点