ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

教育・保育施設再編計画原案、策定委まとめる 奥州市

(11/23)
認定こども園の新設など再編計画の原案をまとめた策定委の会合

認定こども園の新設など再編計画の原案をまとめた策定委の会合

 奥州市立教育・保育施設再編計画策定委員会(長谷川伸委員長)は22日、市役所江刺総合支所で開かれ、市教委が提示した資料を基に協議し、再編計画の原案をまとめた。公立保育施設を2020年度から6カ年で6施設を廃止し、需要に合わせて認定こども園を新設する構想。委員の意見を基に、認定こども園は5施設を新設する案とした。

 市教委では、公立施設は私立施設の補完とする考えで、市内5自治区ごとの施設再編と定員確保の検討を進めてきた。

 提示した市教委案によると、水沢区では20年度までに全ての公立施設で必要定員を下回ることから、現行の私立施設での受け入れが可能と判断。25年度までに5施設を廃止する方向で対応する。

 江刺区は区内全域で教育を受けられるよう保育所の認定こども園への移行を進める。併せて中山間部の3保育所を集約して認定こども園を新設する。稲葉わかば園(下三照幼稚園・稲瀬保育所の幼保連携認定こども園)は0~2歳児の受け入れを拡大する。

 前沢区は3幼稚園の機能を引き継ぎ、不足する保育需要に対応するため認定こども園2施設を整備し、幼保教育の充実を図る。

 公立保育施設がなく水沢区内の施設利用者が多い胆沢区では、幼稚園機能を引き継いで不足する保育需要に対応するため認定こども園を整備する。市教委案では南都田、若柳の幼稚園2施設を統合して新設の認定こども園を設置し、小山西と小山東の2幼稚園を統合し、将来的に認定こども園に統合する。同日の策定委では市教委案の1施設ではなく、2施設の設置を求める声が上がり、原案には2施設案を盛り込む。

 衣川区はあゆみ園(衣川幼稚園と衣川保育所の幼保連携認定こども園)のみでの園児受け入れとする。

 市教委では再編原案について今後開く市議会への説明、住民説明会などを経て意見を集約し、今年度内の計画策定を目指す。