ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2016年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
コラム 記者ワープロ

5日間で1000人突破 きらめきマラソン参加受け付け開始

(11/27)
エントリー数が申し込み5日間で1000人を超え、初開催のいわて奥州きらめきマラソンをPRする事務局職員

エントリー数が申し込み5日間で1000人を超え、初開催のいわて奥州きらめきマラソンをPRする事務局職員

目標達成へ意欲

 【奥州】2017年5月21日に奥州市で初開催される「いわて奥州きらめきマラソン」(実行委、市など主催)の参加申し込み数が、21日の受け付け開始から5日間で1000人を超える好調ぶりをみせている。37都道府県から応募があり、事務局では「奥州初のフルマラソンという新鮮さや、マラソン人気の高さの表れ」と、目標のフルマラソン3000人達成に期待を込める。

 募集は大会ホームページからRUNNETへの無料登録を経てインターネットで申し込む方法と、専用振替用紙を請求して郵便局で申し込む2種類を用意。

 実行委事務局の市生涯学習スポーツ課によると、インターネットのみの集計で、募集開始5日間の申し込み者(25日午前11時現在)は1320人。

 内訳はフルが1098人、10キロが159人、3キロが63人となっている。東北以外のエントリーは3割を占め、東京、神奈川、埼玉、愛知、大阪、茨城、群馬、福岡の順に多い。

 市内では過去の奥州三大マラソン(15年で終了)で東北以外の参加者は、最も多かった前沢マラソンで3%(約100人)。同課は「東北以外の参加者は宿泊を伴うため、宿泊施設の予約と合わせて早めに申し込んだと思われる。全国各地からのエントリーは、春開催のフルマラソンが少ないことやマラソン人気が高いことが影響している」と分析する。

 定員はフル3000人、10キロと3キロが各1000人。同課では「今後もあらゆる機会を通じてPRに努めながら目標達成を目指したい」と意欲を示している。

 きらめきマラソンは、同市前沢区阿部舘の前沢いきいきスポーツランドを発着点に水沢、江刺両区を通る42・195キロの日本陸連公認コースで実施。参加料はフルが7000円、10キロが3000円、3キロが2000円。申し込みは来年2月14日まで受け付ける。

 問い合わせは事務局=0197(35)2111=まで。