ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
コラム 記者ワープロ

思い、夢“かたち”に 胆沢コスモス会作品展

(2/3)

書や陶芸など利用者の力作300点余りが並ぶ胆沢コスモス会作品展

 【奥州】社会福祉法人胆沢コスモス会(石川岩夫理事長)が運営する施設利用者の第4回作品展「夢をかたちに」は、奥州市水沢区佐倉河のめんこい美術館で開かれている。利用者による書や紙版画、陶芸などの感性豊かな作品が来場者を楽しませている。6日まで。

 同会が運営する同市胆沢区南都田の多機能型事業所「コスモスの家」、就労継続支援B型「ひまわりの家」の利用者合わせて80人が創作活動の時間に制作した書、陶芸、紙版画、切り紙、絵画など300点余りを出展。両施設とも昨年9月ごろに取り掛かり、1月下旬までの期間で仕上げた。

 書は「星」「風」などの課題のほか、「風雪」「前向きに生きて人生を楽しもう」などそれぞれが自由に決めたテーマで筆を振るった作品が並び、墨と茶墨、青墨を使った濃淡のある作品も。

 色とりどりの図形をちりばめた紙版画や、折り紙を切って花弁などをデザインした切り絵、カップをはじめとする陶器など、来場者が熱心に見入っている。

 書道の講師を務める石川理事長は「書は美しさより表情のある文字で、書き手の心の温かさが感じ取れる。利用者の思いや悩み、夢が詰まった作品ばかりなので、その思いが来場者に伝わればうれしい」と話し、来場を呼び掛けている。

 時間は午前9時~午後4時。問い合わせは同会=0197(46)3138=へ。