ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年3月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
コラム 記者ワープロ

技光る伝統工芸 岩谷堂箪笥まつり 洋風の新作も

(3/4)

伝統の技が光る岩谷堂箪笥を展示・販売している第14回岩谷堂箪笥まつり

 【奥州】岩谷堂箪笥(たんす)生産協同組合(三品健悦理事長)主催の第14回岩谷堂箪笥まつりは3日、奥州市江刺区のお休み処えさし藤原の郷で始まった。伝統工芸士による技術の粋を極めたたんすや、「洋」にこだわったテーブルなど「くらしな」新製品を展示、販売している。6日まで。

 まつりは岩谷堂箪笥に関する消費者ニーズの把握や需要の開拓、伝統工芸品への関心を高めようと毎年開催。たんすを筆頭に家具類235点、小物は多数展示した。

 伝統工芸士21人の技が光るたんすを展示しているほか、仏壇やサイドボード、テレビ台など多彩な製品が並ぶ。「くらしな」は石川県在住のデザイナー阿部和美さんとともに消費者ニーズに応え、洋風の製品作りに努めてきたシリーズ。

 今回は掃除用ロボットを利用する若い人たちの要望を受けて脚を設けたたんす、サイドボードなど新作15点を含む95点を展示した。

 会場では、伝統工芸士による実演、日替わり入札販売、制作体験フェア、浄法寺塗・秀衡塗製品展示即売会(6日まで)、勝ち抜いた5人に50%割引券を贈る「じゃんけん大会」(4、5日の午前11時40分開始)、タグさんによる似顔絵プレゼント(5日午前10時30分開始)などを開催。入り口では入場者に割引券を配布している。

 三品理事長は「伝統の製品に加え、新作も多く展示しているのでイベントを楽しみながら岩谷堂箪笥の魅力を感じてもらいたい」と話している。開催時間は午前10時~午後5時。