ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
コラム 記者ワープロ

花北・胆江合同しごと相談会 求人側、意欲的にPR

(3/6)

求人事業所と学生ら求職者の個別面談機会などが設けられた2017年第1回花北・胆江地域合同しごと相談会

奥州で1回目

 2017年第1回花北・胆江地域合同しごと相談会は5日、奥州市水沢区のホテルプラザイン水沢で開かれた。今春と来春卒業予定の学生、転職や再就職などを希望する社会人らが参加。人材確保を目指す求人事業所のブースを訪れ、担当者から業務内容や勤務条件などについて説明を受けた。

 求職者は、学生を中心に80人が参加した。求人側は53事業所が出席。県南地域を中心に製造、建設、医療・介護、卸売・小売など幅広い業種から集まった。

 相談会は参加事業所がブースを設け、求職者が足を運ぶ個別面談方式で実施。今回新たに企画したPRタイムでは20事業所の人事担当者らが各3分間、自社の業務や魅力などを紹介した。

 来春卒業予定の専門学校1年の女子学生(19)=奥州市=は「事務職を希望している。どのような資格が必要なのか聞いてみたい」と、関心がある事業所のブースを訪問していた。

 近年、求人の充足が進まずに苦慮する業種もあり、事業所側は例年以上に意欲的にPR。

 胆江地域から参加した建設業の担当者は「建設業も高齢化が進み、重機オペレーター、職人とも若手が不足している。災害復旧など世の中になくてはならない業種であり、若手を採用して会社も活性化していきたい」とし、「責任感、誠実さがある方は業務経験がなくても伸びしろがあると思う。そういった資質を持つ方を採用したい」と求める人材像を語っていた。

 相談会は花北・胆江地域における優れた人材の確保と、就労・定着促進を目的に同地域の5自治体などが主催。16年までは「合同就職ガイダンス」の名称で開かれており、今年も花巻、北上、胆江の各地域で1回ずつ計画する。

 今後は4月21日に花巻市、6月9日には北上市で開かれる。