ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年5月
« 4月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
コラム 記者ワープロ

高い志と自信を胸に 県立農業大学校 59人が卒業

(3/9)

下村校長から卒業証書を受け取る県立農業大学校の卒業生

 県立農業大学校(下村功校長)の2016年度卒業式は8日、金ケ崎町六原の同校体育館で行われた。卒業生59人が地域農業の担い手としての志を新たに、社会への一歩を踏み出した。

 卒業生をはじめ、在校生、教職員、保護者、来賓らが出席。下村校長が2年過程の本科57人(農産園芸学科52人、畜産学科15人)と、さらに1年の専門課程を積んだ研究科2人に卒業証書を手渡した。

 式辞で下村校長は「不確実性が高く変化が激しい時代にある中、将来にわたって地域農業を牽引(けんいん)していく人材確保が課題。新たな発想と行動力を持った若い皆さんに対する期待は極めて大きい。今後も知識、技術の研鑚(けんさん)に励み、身体を鍛え、心を磨き、大いに活躍してほしい」と激励した。

 在校生を代表し、学生自治会長の工藤天志さん(農産園芸学科農産経営科1年)が送辞。卒業生代表の今松真理さん(畜産学科肉畜経営科)が「この2年間の経験は生涯の財産。進む道はさまざまだが、今まで学んだことに自信と誇りを持ち、困難にぶつかってもくじけることなく前に進みたい」と答辞を述べた。

 卒業生の進路状況(2月末現在)は就農9人、農業法人などへの雇用就農17人、進学2人、関連団体や企業への就職29人など。就農率は44%。