ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年5月
« 4月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
コラム 記者ワープロ

宇宙への“目”ライトアップ 国立天文台水沢VLBI

(3/13)

緑内障を啓発するため緑色にライトアップされた国立天文台水沢VLBI

緑内障啓発で初実施

 【奥州】「世界緑内障週間」(12~18日)に合わせ、奥州市水沢区星ガ丘町の国立天文台水沢VLBIと奥州宇宙遊学館の隣接2施設などが12日夜から緑色にライトアップされた。同週間中の毎夜点灯される。

 中途失明の原因疾患として世界で上位、日本では最も多い緑内障への関心を高める狙い。早期発見と継続治療により失明を減らそうという国際的な啓発イベントに呼応し、県眼科医会(近藤駿会長)が初実施した。

 両施設の点灯時間は午後6~9時。初日は、夕焼けが一部残る中で点灯開始され、同観測所の20メートル電波望遠鏡と大正時代のレトロな雰囲気を持つ遊学館の外観が緑色に照らし出された。

 県眼科医会の朝倉章子副会長は「日本では40歳以上の5%が緑内障とされるが、初期の自覚症状がないため見つけにくい。ライトアップを機に身近な病気であることを知ってもらい、定期的に眼底検査を受ける人が増えれば」と期待する。

 各地のランドマークとなる施設を緑色の照明で照らす「ライトアップinグリーン運動」と銘打ち、日本では2015年に全国5カ所でスタート。16年は20カ所、今年は39カ所(29都市)に増えた。

 他に県内で実施しているのは、いずれも盛岡市の東北電力鉄塔(午後5~10時)、開運橋(同)、岩手朝日テレビ電波塔(午後5時~午前0時)の3施設。