ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年3月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
コラム 記者ワープロ

26日、旗揚げ公演 「劇団ら・ラ・RA」 子供が主役 冒険物語

(3/17)

26日の旗揚げ公演に向け意気を上げる劇団ら・ラ・RAの団員

 小中高生を中心に結成された「劇団ら・ラ・RA」が26日、金ケ崎町西根の中央生涯教育センターで旗揚げ公演を行う。世界中を脅かす危機に立ち向かう子供たちの活躍を描いた「ぼくらのアドベンチャーシップ~ココロ・ワールドを救え!~」を披露。団員たちは初舞台の成功を目指し、熱心に稽古を重ねている。

 同劇団は、金ケ崎町民劇場参加者などから演劇を続けたいとの思いを持つ町内外の児童生徒が集い、保護者や一般の協力を得て2016年11月に始動。脚本は松本航輝君(岩谷堂高1年)、演出は高橋真桜さん(同2年)と松本君が担当するなど、大人のサポートを受けつつも子供たちがキャスト、スタッフとして主体的に活動し、12月から同センターで週1、2回ペースで稽古を行ってきた。

 劇団旗揚げの上演作品は、子供たちの「冒険心」を動力とするアドベンチャーシップに、ココロ・ワールドと呼ばれる島国から助けを求めるメッセージが届き、物語が展開していく。「描いたのは子供たちの『やれる力』。子供たちの力でどう立ち向かっていくか」と松本君は作品に込めた思いを語る。

 15日夜は音響や照明を合わせながら約2時間、オープニングからの場面の舞台稽古と、劇中の歌の練習を実施。高橋さんや松本君の指示の下、生き生きと演技やせりふに磨きを掛けていた。

 双子の女の子役を演じる宮舘望花さん(西小4年)と、吉田凛心さん(奥州市・水沢南小4年)も本番に向け意欲十分。宮舘さんは「舞台は初めてだけれど、役になり切って一生懸命頑張りたい」と目を輝かせ、町民劇場で2回の出演経験を持つ吉田さんは「双子の仲良しなところを表現したい」と笑顔をのぞかせていた。

 当日は午後1時30分開場、2時開演。入場は無料。松本君は「子供でもこんなにできる力があるんだということを感じてほしい。舞台を見て『楽しかったね』『すごかったね』と言って帰ってもらえれば」と話している。問い合わせは事務局の松本さん=080(3334)5614=へ。

▽キャスト=宮舘凛(西小6年)髙橋凌雅(永岡小6年)宮舘望花(西小4年)吉田凛心(水沢南小4年)平山湖鳥(不来方高1年)佐々木睦月、遠藤龍一、郷家怜奈(以上岩谷堂高1年)佐藤瞳(同2年)後藤鈴、土田凪紗(以上金ケ崎中3年)後藤樹(同2年)高橋真桜(岩谷堂高2年)松本航輝(同1年)松本康裕、千田秀幸、伊藤藍、遠藤隆(以上一般)

 ▽スタッフ=及川紗愛(金ケ崎中3年)菅原愛(岩谷堂高1年)吉田優心(水沢南小6年)小田島陽一、石渡大地、宮舘恵美子、髙橋恵利奈、土田きよみ、吉田千恵、松本友利香、大道拳一(以上一般)